理事長・校長あいさつ

自分自身を創造しよう

理事長 加計 孝太郎

 本校は、昭和37年に学校法人加計学園の最初の設置校として開校致しました。当時、水島臨海工業地帯が発展しつつあった中で「ひとりひとりの若人が持つ能力を 最大限に引き出し 技術者として 社会人として 社会に貢献できる人材を養成する」という建学の理念の下、生徒の教育指導にあたったのが歴史の第一歩でありました。

 それ以来、今日まで半世紀に渡る人材育成に努めて来ており、その教育方針は現在も変わることなく、本校をはじめとした学園設置校に在籍する学生生徒の皆さんへの教育指導にあたっているところであります。

 さて、皆さんが生まれ育った21世紀という時代は、あらゆる分野の進歩が20世紀とは比較にならないくらい急速な発展を続けています。中でも特に科学技術ではAI(人工知能)の登場とその加速度的な発展はよく知られているところであります。また、現在、人間の手による仕事もAIによってなされるようになるばかりか、近い将来、私たちの社会や生活そのものを大きく変えようとしています。その究極の姿は予想できないとさえ言われていますが、その様な状況の中でこそ「私たち人間にしかできない仕事は何か」「人間に求められているものは何か」が大きな課題となっています。

 いろいろな意見がありますが、これから求められているものの一つは「より創造的な人間」ではないでしょうか。「新しいものの創造」それには記憶力も必要ではありますが、より高い論理的思考力、想像力、探究力などを併せ持った人材が必要であり、建学の理念こそが、これからの社会と時代が求める人材を育成することが本校の最大の目標であります。

 時代と社会の進化と共に本校も進化し、より創造的な学校をめざして歩み続けて行きますので、可能性を秘めた皆さんも私たちと一緒に自分自身を創造し新しい時代を歩んでください。

グローバル社会を生き抜く

校長 洲脇 史郎

 グローバル社会とはどのような社会でしょうか。環境問題やエネルギー問題など、今や国家間の利益を超えて、地球規模、地球全体で考えていかなくてはならない時代となりました。そしてグローブとは地球をという意味ですから、このように地球をあげて、みんなで考えていこうという意識が高まった社会をグローバル社会と呼ぶようになりました。

 しかし各国の思惑の違いから、グローバル社会は先の予測が困難な社会とも言われています。この予測が困難な社会を生きぬく力として最も期待されるのが主体性とサイエンス力であります。我々は主体性をもって困難に立ち向かい、サイエンス力をもって予測可能な社会にしていくことができると確信しています。

 主体性を育成するために、全ての授業を生徒主体のアクティブラーニング型にしていきます。またサイエンス力を育成するために大学の協力を得ます。幸いにして我が校は、サイエンス力の育成で優れた業績をあげている岡山理科大学と同じ敷地にあります。授業の時間帯を高大で合わせることで、これまでには考えられなかったスケールで高大連携がすすみ、岡山理科大学のサイエンス力を最大限活かすことができるようになりました。

 興味の湧くテーマを設定して大学の講師に授業をしてもらう「出前授業」や、大学の授業を直接受ける「大学聴講」は言うに及ばず、大学のゼミ活動に高校生が参加し、課題研究を大学のゼミ室で行うといった普通の高校では考えられないような計画を実行致します。

 このように恵まれた環境で、生徒のグローバル社会を生きぬくための力を育成するとともに、常に本学の建学の理念にたちもどり、「社会に貢献できる人材」の養成をしてまいります。